アパート売却するなら高く売るために一括査定サイトを活用して相場を知る

HOME>オススメ情報>複数の不動産会社の査定額を知ることで交渉を有利にできる

書類を準備する

マンション

アパート売却するならできるだけ高く売りたいものです。しかし高く売るにはタイミングが大事だし、どれぐらいで売れるのかおおよその相場を知っておく必要があります。需要がもうピークなら下がる前が得策だし、まだ上がる可能性があるならそれまで待つ方法もあります。そして相場を知るには一括査定サイトを活用して、売却したい土地の廻りの相場を調べることです。廻りの不動産価格を知ることで不動産会社との交渉を有利に進めることができるからです。相場を知らなければ相手方の提示した額が高いか安いかわからないので、安く買われてしまうこともあるのです。それからアパート売却にあたっては、身分証明書や実印や登記済権利書や登記識別情報や固定資産税納税証明書などの書類が必要になります。

不動産会社と契約する

男性

一括査定サイトを活用するのは無料でできるのも嬉しいです。一括査定サイトなら大手不動産会社が何社も登録していて、複数の会社の査定額を知ることができます。そこでアパート売却を決めて周辺の不動産の相場をつかんだら、どの不動産会社と契約するか決めます。そして契約は責任媒介契約か専属責任媒介にすると早く売れやすいです。それから正式に不動産会社と契約を締結したら、インターネットやチラシなどによってアパートの売却価格や内容が公開されます。そして情報を知った購入希望者が内覧をして、気にいれば契約を結び売ることになります。また一連の手続きや引渡は手数料を取って不動産会社がやってくれます。

入居率が高い物件は高く売れる

男女

アパート売却に際してどのような要素が査定額を上げるのか、いくつかの条件があります。まず入居率が高い物件は査定額は高くなりますが、逆に低い物件は安くなります。それはアパートの購入者はアパートで儲けを出すことを目的としているので、入居率が高い物件は利益も多くなるからです。また家賃を滞納している入居者がいる物件も嫌がられるので気をつけることです。それから駅が近く交通の便がよかったり、お店が多く買い物に便利な場所だったりも査定額が高くなります。